2012年11月21日水曜日

CORE Journal 循環器 no.2 (2012年秋冬号)12月5日刊行!

2012年秋冬号(第2号)の表紙はブルーです!
今日の修正で最後・・・校了です。重大な誤植はありませんように。
「CORE Journal 循環器」編集部です!

更新が滞りがちになっておりましたが,単にさぼっていたわけではなく,,2号刊行に向けて忙しなく動いておりました!

2号刊行はいつか? 多数のお問い合わせをいただいておりましたが,12月5日刊行です!

紀伊國屋BookWebにてご予約も可能です。
(もちろん送料無料です!!)


今号掲載のCQ & COREは・・・

▼動脈硬化
CQ 1 透析患者における心血管イベント抑制に脂質低下療法は有効か?
CQ 2 HDL-Cを上昇させる治療は心血管イベントの抑制に有効か?
CQ 3 糖尿病の脳・心血管イベント一次予防としての抗血小板薬の有用性は?
CQ 4 高血圧治療の降圧目標に下限値の設定は必要か?

▼虚血性疾患
CQ 5 CABGはオフポンプとオンポンプ,どちらが有効か?
CQ 6心房細動合併の冠動脈疾患に対して,抗血小板療法に抗凝固療法を追加すべきか?
CQ 7 アテローム血栓性脳梗塞の既往がある心房細動に対し,強力な抗血栓療法を行うべきか?

▼心不全
CQ 8 COPD を合併した心不全患者への適切な治療法とは?
CQ 9 急性心不全での点滴強心薬の使用方法とは?

▼不整脈
CQ 10 心房細動の薬物治療はレートコントロールかリズムコントロールか?


ひとつひとつのCQに関して,創刊号にも増して多くのエキスパートの先生方に
ご協力いただくことができ,ますます充実した内容となっています。

そして,From the investigators では
2012年のESC Hot Lineセッションで発表されたWOEST試験について
この研究の責任医師のJurri n M. Ten Berg氏にお話を伺いました。

ぜひお手にとってご覧ください!
まずは簡単ながらながらお知らせでした!

****

今回は,「榊原カンファレンス」はお休みさせていただきました。
第3号で「拡大版」を掲載予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログの更新情報をメールでお届けします!